くせ毛でまとまらない髪!何とかならない?

くせ毛で悩んでいる方は多いですよね。特に、雨の日や汗をかいた後とか、くせ毛が強くなってしまいますね。

そんな悩みで、毎日がスッキリしないという方のために対処法をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク



くせ毛のタイプが色々ありますが、くせ毛はストレートの髪よりも水分が少ないのです。

水分が少ないと艶が出にくくパサつきやすいですね。

くせ毛には、先天性のものと後天性のものがあります。

若いころは癖がなかったのに30代に入ってから髪の毛がまとまらなくなって癖毛っぽくなったような感じがするというかたもいらっしゃると思います。

先天性のものは遺伝性なので少しやっかいではありますが、毎日のケアをすることで多少は癖を落ち着かせることができると思います。

後天性は、老化とも言える現象で、ホルモンのバランス、ケアの仕方などが原因です。

くせ毛は毛穴の位置や向きが関係していて、髪の毛自体には癖を持っていなく、上向きでまっすぐに生えてくるのは直毛で、つぶされた感じで生えてくるのがくせ毛になるということで、毛穴が癖毛を作っていると言えるでしょう。そのため、いくら縮毛矯正やストレートパーマをかけても生えてくる髪はくせ毛になってしまうのです。

そして毛根のこの歪みの原因と主成分であるタンパク質のバランスが悪いため、バランスとは綺麗な円を描いている髪はストレートな髪、楕円形など崩れた形になってしまったのがバランスが悪いと言えるようです。

スポンサードリンク



くせ毛に保湿をたっぷりと潤いを髪に与えましょう

young woman portrait, studio shot

くせ毛には、様々な変形したキューティクルがあります。そのキューティクルを落ち着かせるためにしっかりと保湿をし、髪を乾燥させないことです。

保湿は、まずお肌と同じで濡れた髪に、いきなりドライヤーを当てるのではなく、洗い流さないトリートメントを付けてからドライヤーで乾かしましょう。

自然乾燥なら保湿できるのでは?と考えてしまうかもしれませんが、髪の中の芯になる部分にいかに水分を維持させるかが大切なので、そのままにすると蒸発するのが表面から中まで一気に乾燥させてしまい表面のキューティクルが開いた状態で乾いてしまうので、濡れているキューティクルを閉じやすい状態からドライヤーで素早く乾かすことが大切というわけです。

ドライヤーの当てる距離も大切である程度髪から10センチから20センチほど外して熱を一点に集中して当てないようにすることです。まんべんなく髪に風を当てましょう。

乾かすときに毛先からではなく根元から内側、そして最後に毛先へと風を当てます。最後に冷風を当てると艶が出やすくなります。

また、乾かしすぎたらキューティクルが開ききってしまいパサつきの原因になるので乾かしすぎないように注意しましょう。

保湿の高いものはそれぞれのくせ毛のタイプで変わってきますので、髪に付けてみてすぐに乾燥、蒸発しないものであれば髪に吸収されていないことになるので、付けたときに何となくしっとり吸収されているようでしたらそのくせ毛に合っているものです。ぜひ、これを参考に自分のくせ毛に合ったものを使ってみてください。

スポンサードリンク



シャンプーやトリートメントの選び方に気を付けましょう

シャンプーもたくさん種類があって、なにが良くてなにが悪くて・・・自分にあったものはどれなんだろう?と、迷ってしまいますよね。

まず、くせ毛の人にはぜひ、美容室専用のものを使っていただきたいものです。なぜなら市販のものは昔より良くはなっているようですが、石油系のものが多く、洗浄効果が強く髪の必要な栄養素をとってしまいがちなのです。

「くせ毛用」と書いてあるものもあると思いますが、市販のものより美容室専用のほうがくせ毛を抑えられる効果は高いです。実際美容室専用のシャンプー剤と市販のシャンプー剤を約1か月ごと使ってみて、結果くせ毛が収まり良かったのが美容室専用シャンプーでした。

シャンプー剤の泡もくせ毛への効果が左右され泡の中にもしっとりする保湿成分がたくさんはいっていると髪の収まりが良いのです。その成分がしっかり入っているのがくせ毛で広がるのをおさえるのです。

トリートメントとコンディショナーをどちらを使うと良いか?と迷ってしまいますよね?

迷わないでください!くせ毛の人にはぜひトリートメントを選んでいただきたいです!

トリートメントはシャンプー剤で汚れを落とし保湿成分を髪に入れ、そのあとトリートメントで更に保湿と栄養素をキュッと髪に入れ、流した時には必要な分が髪へと吸収されるのです。

コンディショナーは何?と、良く聞かれますが簡単に言うと、静電気防止やキューティクルの表面に膜のようなものを付けている・・・というイメージです。

なので、コンディショナーはダメージのないバージンヘアやショートヘアの痛んでいない髪には良いと思います。

スポンサードリンク



普段のお手入れでくせ毛との良いお付き合いをしましょう

くせ毛は何かをしてまっすぐな髪になる・・・ということは残念ながらありません。

ですので普段からくせ毛に対して、前向きにスタイルを作っていくこともおしゃれの一つとして考えてみてはいかがでしょう。

例えば、ストレートアイロンで温度に注意しながらストレートヘアにしてみるとか、逆にくせ毛を生かしたヘアスタイルにしてみるとかです。

ただし、ストレートアイロンは髪への負担が大きすぎるので、頻繁にはしないほうが良いです。

くせ毛の髪にシャンプーをした後タオルでふき取るときは、ガシガシとタオルを使って拭き取らないで優しく髪を包み込むように拭きます。そして労わることがとても大切です。

濡れたまま寝てしまうと髪が絡まってさらに癖が強くなることもあります。しっかり髪を乾かしておきましょう。その時も保湿は忘れずにです。

くせ毛が強くなる時ってどんな時か?と、私なりにお客様を何万人と関わってきて、まず小学生になったときプールがあるから、とか髪がまとめられないからとかで長かった髪を短く切ったときに、いきなり癖が出た。という場面をよく見ました。ちょうど体の成長期に髪を切ったことで何かしらの身体と髪への働きがあったか、遺伝子的に親の持っている髪質がくせ毛であった時などでたまたま幼少期にこのタイミングで出てしまった。と思うのです。

また、女性の場合は出産したあと、年齢を重ねて髪が細くなってきた頃に癖が出始め、気づかなかったくせ毛が表面化して強くなってしまった。ということも良く見受けられました。

大人になってからのくせ毛は、しっかりケアをしていくことで和らぐことがあります。また生活が乱れていたりしてもくせ毛になりやすいようですので、そういった原因を無くしていきながら髪への負担をかけないようにすることも大切かと思います。

くせ毛でまとまらないから一つに髪をまとめてひっつめてばかりいると、髪が細くなりやすく抜けやすくなるので、時には髪型を変えて楽しむこともぜひしてみてはいかがでしょうか?

まとまらないうねり・・・こんな髪をどうにかしたい!!

スポンサードリンク