女の人はサラサラな髪の洗い方で決まる!!

後姿が素敵!!と思う人の髪はだいたいがサラサラ綺麗な髪、の場合が多いと思います。

後姿で髪の状態で印象がとても違ってきます。お手入れをしている髪は年齢よりもグッと若い印象を与えることができます。

スポンサードリンク



若い印象を与えることができるとチョッピリ自信がついて気持ちもアップしますよね。女性は髪にも気を配っているとそこからおしゃれの幅も広くなります。ぜひ、髪にもおしゃれの仲間入りをしてほしいものです!

若い印象、素敵な印象を与える髪。そんなサラサラ髪になる秘訣は、まずシャンプーの仕方を正確にしているかどうかです。この場合正しい髪の洗い方を知っていることで髪の仕上がりが違ってくるのです。

女性の場合、顔はしっかりメークをし、その前の下地にまた肌のケアをしているのに髪はなぜかそこまで手入れをしていない場合が多いのではないでしょうか?

髪も手入れの仕方で変わっていきます。肌にメークをする前に化粧水や乳液、美容液をすることと同じように髪にもベース作りをすることが大切なのです。

髪にもベース作りをしましょう

Woman pouring body lotion on hand

綺麗な髪にするためのベースづくりとは・・・

ブラッシングをすること。ブラシは静電気が出ないものを使いましょう。静電気ができると髪が更に痛みます。

ブラシをすることで髪に付着したゴミなどを取り、絡まった髪をほぐします。また、頭皮の血行を良くすることで次に生えてくる新生毛が元気になります。

ブラッシングはベースつくりでとても大切なので、優しく始めはひっかかりが気になる毛先の方からほぐすようにとかしていきます。

そして中間に上がっていき根元からブラッシングをします。

頭皮にブラシが付くときは頭皮が傷つかないように優しくブラシを当てます。

ブラシによっては頭皮のマッサージ効果が高いタイプもありますので、髪が細い方に特に良いでしょう。

ちなみに一日に抜ける髪の本数は、個人差があるので一概には何本とは言えませんが目安として100本~250本くらいの幅で抜けます。

年齢にも抜ける本数が違ってきますし、性の場合はホルモンのバランスでも変わってきます。

スポンサードリンク



シャンプーの仕方を見直してみましょう

シャンプーの泡はモコモコっと泡立っていますか?  正しいシャンプーの仕方でしょうか?

泡は髪を傷めないよう保護もしてくれます。また、シャンプーによってはトリートメント効果の高いものもあります。

泡の立たせ方がまずポイントです。

手のひらにシャンプーを取り、そのまま泡を立たせることができればそのままでも良いのですが、もし泡が立ちにくいようでしたら、少しお湯を足してみます。シャンプーを少し手のひらで泡を軽く立たせてみると良いでしょう。

泡をしっかり出るのに、一回で出ればそのままシャンプーをします。が、なかなか汚れと共に皮脂があると泡立たない場合は最初に汚れを取るためのシャンプーをし、2回目にしっかり泡を立てて優しく頭皮をメインに洗っていきます。

頭皮に指の腹を当てて円を描くようにシャンプーしていきます。爪を立ててしまうと頭皮に傷をつけてしまい返って髪にも悪影響になりますので注意しましょう。

泡は頭皮に残らないようにしっかり洗い流します。泡が残るとフケや抜け毛の原因になりやすいのです。

美髪で後姿美人に!

髪がパサパサ、ベトベト、見た目が悪いとせっかくのご自身の雰囲気が台無し。

やはり髪の綺麗な方は印象が違ってきます。そのためにもシャンプーでベースつくりをしっかり美髪になるよう髪にもメイクをしていきましょう。

シャンプーの種類も色々あって迷いますよね。そんな時はシャンプーの用途がどのようなものかを見ます。

まず頭皮(スキャルプメイン)向けシャンプーなのか?ハリコシ用のシャンプーなのか?しっとり落ち着かせるシャンプーなのか?など、今は種類が色々出ています。

私の主観ですが、パーマをかける場合オーガニック系のシャンプーをお使いの方にはパーマのかかりが悪いようです。

キューティクルに何かしら反応が出ているのかもしれませんが・・・ですが、オーガニック天然のシャンプーは髪に良く香りも良いものがありますので、髪には悪くありません。

髪へのベースを作ることによって、髪質が少し変わることもあります。また、ベースをしっかりすることで、年齢を重ねていくたびに髪も健康のまま細くなったりボリュームが出ないということを防いでくれます。

髪の洗い方一つで女性の髪は生き返り、サラサラヘアにと結果的には健康な髪へとなっていくので、ぜひシャンプーの仕方を意識してみてください!

こちらの記事もおすすめです

髪がまとまらない時にシャンプーを気にしてみましょう!

スポンサードリンク