髪の洗い方は上向きが重要!!

顔のしわは髪の洗い方にも関わっているって知ってましたか?

日ごろ何気ないシャンプーが実は、髪だけでなくお肌の美容にも深く関わってくること知ってましたか?

そんなことで?と思うようなことが実は肌に負担をかけていることがあるのです。

スポンサードリンク



髪の洗い方は意外にも抜け毛防止に良いのが上向きのシャンプーなのです。髪が細くなったな、とか抜け毛が最近気になるという方には特に意識して上向きのやり方でシャンプーをしてみてほしいです。

また、顔を下に向けると顎から首に対してしわができますよね。その原理からすると必然的に髪を洗っているときに顔が下に向くということは、自然にしわになりやすくなってしまいます。そのために毎日のシャンプーの時の顔は上を向くように気にして洗いましょう!!

髪の洗い方がなぜ上向きが重要なのかご説明します。

何気ない日ごろのやり方が頭皮や顔のたるみの原因に?!

%e9%87%91%e9%ab%aa%e9%a2%a8%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%b3%e3%81%8f%e5%86%99%e7%9c%9f

シャンプーをするときの姿勢ってあなたは上を向いてるか?下を向いてるか?どちらでしょうか?

時々銭湯や温泉に行くと、隣前後のお客様の髪を洗う場面を見ることがありますが、意外とほとんどの方が下を向いて髪を洗っている光景を見ます。

何気ないこの下を向いて髪を洗う、という行動はとても”美”に影響を与えてしまうのです!

鏡を見て下を向いた時の顔のしわと上を向いた時のしわを見比べてみてください。

すると、下を向いたときに頬が下がり、首筋にしわが入りますよね。これを毎日していると自然にしわを刻んでしまっているわけです。

頭皮も実は顔を下げることで頭皮の皮のたるみにもなるのです。すべての皮膚が下がっていき、また髪のキューティクルも逆を向いてしまうので髪への負担も実はあるのです。

髪はキューティクルにダメージを起こし、頭皮は顔のたるみの原因にもなってしまうわけです。

もし、下を向いて髪を洗っているようでしたら今日からでも上を向いて髪を洗いましょう。

スポンサードリンク



髪の洗い方でお肌に対する美容への妨げにもなっている?!

洗い方で下を向くと頭皮の皮からたるむということは、重力で垂れ下がった状態ということなのです。

たるんだ皮を伸ばそうと思っても思うように伸びず緩んでしまった状態がしわになる、ということです。

これでは、せっかく毎日お肌のケアをして高級な美容液などを使っても、髪の洗い方を間違えていては無意味になってしまいます。顔の皮膚と頭皮は繋がっています。顔のケアと共に頭皮への意識も忘れず髪を洗っていただきたいと思います。

また、毎日の仕事がパソコンや携帯を見る時間が長い方、家事で料理や掃除をするときなど、姿勢がうつむき加減になっていることがあると思います。その時もこの状態を長く続けることが多くなるのもたるみの原因になってしまいます。たるむとしわの原因もおまけにくっついてきてしまいます。

首をいつも思い頭部を支えています。この首に下を向い負担をかけてしまって適度なカーブがなくなってしまうと、頭痛や首の痛みの原因にもなってしまうこともあります。

人間の体はすべて繋がっていてそれぞれの正常な働きをすることで、健康の維持ができていると思います。その中で無理な体制や間違った姿勢をすることで身体に異変が起きる、ということにもなりかねないので正しい姿勢を心掛けて身体を健康にすることで美への向上もできるでしょう。

また、下向きでシャンプーする方の中で、背中にニキビができるから。という理由のかたもいるかと思います。

それは、シャンプーやトリートメントの流しが甘いというのと、シャンプーの泡をしっかり落とせていないことが理由で下向きでも残っていれば背中にニキビはできてしまいます。その前にお顔にニキビができてしまうということも下向きには起こりうるのです。

トリートメントを流すときは特に地肌にはトリートメントは付けないので中間から毛先にしっかり付け、ある程度きしむ手前まで流します。流した後体を洗うことを私はお薦めします。

私は色々なヘアスタイルをしてきてますが、最近は髪を長くしています。洗う時は上向きです。これは自分で洗う時からなのでもう随分長い間の洗い方です。が、背中にニキビはできたことがなく、シャンプー&トリートメントの後に必ず身体を洗っています。シャンプー剤も髪にや優しいので、体に付いても泡は綺麗に流れているのだと思います。

髪の洗い方にはそれぞれ思い込みがあるとは思いますが、気になったら上向きのシャンプーをしてみてほしいと思います。

スポンサードリンク



下向きシャンプーのデメリット

しわやたるみの原因が髪の洗い方でなってしまうということがまず、下向きのシャンプーのデメリットになります。

その原因が、シャワーを浴びると頭皮に水圧が加わりお湯の流れと共に下へ下へと引っ張られてしまうからなのです。

これを繰り返すことで頭皮、毛穴がたるみ、温まってやわらかくなった頭皮は影響をうけやすくなってシャワーの威力でたるんでしまうのです。

頭皮がたるむ・・ということは毛穴がゆるんでしまい血行が悪くなって薄毛の原因にもつながります。

そのたるんだ毛穴に隙間ができ汚れが溜まりやすくなって、毛根や表面の皮が炎症を起こし、そこから抜け毛となってしまう原因にもなります。

そして美容のほうでもそうですが、思春期などでは特におでこにニキビができやすい原因または炎症してしまう原因にもなってしまいます。

下を向くことでシャンプーがおでこが下になってしまうことで、泡がおでこに溜まってしまいがちで、洗い流すのも甘くなってしまいシャンプーが残り、ニキビになりやすい肌になってしまうのです。

また、洗い方が下に向いていると泡やお湯が顔へ流れてきます。そのシャンプーやお湯が顔の皮脂を必要以上に取り去ってしまい肌が乾燥肌になりやすくなってしまいます。

下を向いて髪を洗っている姿勢は、お腹にも負担がきますし、背筋も伸びず身体のラインが崩れてしまうかもしれません。

上向きの髪の洗い方で髪は、キューティクルに対して無理が無く保湿しながら髪へ栄養も行き届かせることができます。

顔が上を向いていることで顔にシャンプー剤が目の中に入りにくかったり、顔へのトラブルにもなりにくいのでお肌への負担もなくなります。

日ごろからの習慣で下を向いてつい洗ってしまうかもしれませんが、今後の健やかな髪を作るためにもぜひ洗い方を上向きにしていただきたいと思います。

ちなみに・・・バーバー(理容室)のシャンプーは下向き、前かがみになってシャンプーをするけれどビューティーサロン(美容室)では椅子を倒して後ろ向きにシャンプーをしますよね。

これは、バーバーは男性のお客様が多くお化粧をしているわけではないので、セット面でそのまま前にうつぶせでシャンプーをしてカットに入ることができますが、女性の場合うつぶせになるとお化粧が取れてしまうということで後ろに椅子を倒してシャンプーをするという理由です。いまでは、バーバーも後ろに倒してシャンプーをする所も増えてきているようです。

後ろに倒れたほうがリラックスはできるでしょうし、無理な体制ではないのでシャンプーをされている感覚も違って感じるのではないでしょうか?

こちらの記事もおすすめです

髪の洗い方で仕上げはリンスだけで良いの?

 

スポンサードリンク