乾燥した髪におすすめのシャンプーは?

綺麗な髪の毛に憧れるという女性は多いと思います。子供の頃のような「天使の輪」ができるくらいツヤがあってサラサラなヘアーになりたいものですよね。

髪の毛が痛み始めるのは様々な原因によります。特に最近の髪を痛めることが多くたってきた理由は、おしゃれ、ファッションの一つとして「ヘアカラー」をする人が多くなってきたためかと思います。もちろんヘアカラー以外でも痛めてしまう原因は他にも考えられることはたくさんありますが・・・

スポンサードリンク



また、髪の毛をツヤサラな健康的な髪の毛を作るには、髪の毛のケアだけでなく頭皮のケア大切だということも知っておくことが大切です。

髪の毛をツヤサラにするためにシャンプーに拘ってるとかリンスやコンディショナーを使わないでトリートメントを使っているとか髪の毛に意識してケアしている人は多いと思います。中にはシャンプーの中の成分に拘って使ってらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

いつものこだわって使っているシャンプーやトリートメントなどが髪の毛の状態に合っているか?また髪の毛が細くなってしまわないように頭皮のケアをしていますか?

日常に使っているシャンプーを見直して正しく使うことで髪を生き生きと弱った髪を修復するためのケアをでして憧れのツヤサラな髪へと変化があるかもしれません!ぜひ、使っているシャンプーと髪の洗い方の見直しをしてみましょう。

髪に潤いを与えてくれるシャンプーって?

髪の毛が乾燥し始めてしまうと、枝毛ができてパサついてきます。

この状態になったら髪の毛の表面にあるキューティクルが剥がれて髪の内部にある栄養が流れ出てしまってしまいます。

このままにしていると髪の毛はどんどん乾燥が進み枝毛は多くなり、切れ毛も増えてしまいまとまりにくいになってしまいます。

髪の毛にはたんぱく質やミネラル、脂分、亜鉛、ビタミンなど大切な栄養素で形成されています。その栄養素を外に出ないようキューティクルが魚のうろこのような状態で保護されているのです。

このうろこのような状態のキューティクルが剥がれないように大切に扱うことが大切です。

もしかしたらキューティクルが毎日のシャンプーで剥がされている可能性もあるのです。その理由はシャンプーの種類です。

シャンプーの種類は大きく分けて石鹸系シャンプー、高級アルコール系シャンプー、アミノ酸系シャンプーがあります。

それぞれ特徴が違います。今使っているシャンプーはどのような種類のものでしょう?

スポンサードリンク



・石鹸系シャンプー(アルカリ性)

日本では昔から使用されているシャンプーです。

天然由来の成分で作られていることが多いです。比較的安全性が高いと言われているので敏感肌の方やアレルギー体質の方におすすめと言われています。

コスパ(価格が比較的安い)が良く洗浄力もありますが、石鹸はアルカリ性なので、頭皮が弱酸性のため洗い上りがキシキシしたり髪がごわついたりしますので、その仕上がりと使い心地に好みがあります。

・高級アルコール系シャンプー(弱酸性とアルカリ性)

この種のシャンプーはドラッグストアーやコンビニなど市販されているシャンプーが多く取り扱いされています。

石油由来の界面活性剤を使用されており強い洗浄力があります。

脂性肌・脂性毛の方、ヘアスプレーやジェルなど整髪料を多く使う人にはおすすめしますが、普通の肌、乾燥肌、整髪料をそこまで使わない方にはあまりお勧めできません。

その理由は、洗浄力が強いため頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうからです。頭皮には適度な皮脂があって、その皮脂がバリアとなって紫外線などから守ってくれるのです。そのため洗浄力が強いと必要以上に皮脂を取ってしまうと頭皮を乾燥させてしまい、髪の毛のキューティクルも剥がれやすくなってしまうので使う時は特に注意が必要なのです。

料金は比較的低価格なのでお財布には優しいです。

・アミノ酸系シャンプー(弱酸性)

主に美容室で販売されているシャンプーに多く含まれています。

洗浄成分である界面活性剤の成分にアミノ酸を使用されています。アミノ酸は髪の毛(人体にも必要とされています)には主成分となるたんぱく質が含まれており、アミノ酸は髪の毛や頭皮に良くなじむので髪の毛や頭皮に優しいと言えるのです。

アミノ酸系シャンプーの成分は原価が高いため、お値段も高めではありますが髪の毛を乾燥から守り健康な髪にするのであればおすすめのシャンプーです。

このように3つのシャンプーの種類がありそれぞれの働きも違います。髪の毛の状態が気になるようでしたら髪の毛に良いシャンプーを選んでみましょう。

そして近年”シリコン”と”ノンシリコン”という言葉を聞くようになりましたよね。これは合成化合物(ケイ素をもとに作られる合成樹脂)が入っているかどうかです。

シリコンが入っているというのは、髪の表面をコーティングして髪の毛同士の摩擦を防いでくれる役目をします。ただこのコーティングされていることでダメージが回復されたと、勘違いをされてしまうようですがコーティングされただけなのでダメージは回復されませんので注意が必要です。コーティングされることで育毛剤や美容液が浸透しづらいということがあるようです。

ノンシリコンは、シリコンが配合されていないということです。髪の毛にコーティングされることなく洗い上りがナチュラルになる状態です。コーティングされないので育毛剤や美容液が浸透しやすいということになります。ただ、コーティングされていないので髪はキシキシしてしまうことはあります。敏感肌やアレルギーのある方はトラブルになりにくいノンシリコンが良いかもしれません。

シャンプーによって潤いを出すのであれば、洗浄力が強くないもので優しく洗うことのできるシャンプーが良いでしょう。

シャンプーの選び方で仕上がりは違う?

シャンプーの種類が大きく分けて3種類あるということですが、その中でもシリコン、ノンシリコンと、またオーガニック、ナチュラルといったシャンプーも良く目にします。

シリコン、ノンシリコンの違いも分かったと思います。どちらが良いとかは仕上がり感や個人的な気持ちもあるのでどちらも使用しても良いと思います。

ノンシリコンのシャンプーは、きしみやすいことがデメリットですが、洗い流した後に洗い流さないトリートメントやオイルをつけて乾かせば気になるきしみは解消されるでしょう。

それでもパサついたりまとまりが悪いようでしたらシャンプーを変えてみることをおすすめします。

またノンシリコンで気を付けておくことが、ヘアカラーをしたとき。

ノンシリコンシャンプーは髪の毛に膜をはらないのでカラーの色は入りやすいのですが、その反面髪の毛に膜がないのでカラーの色が抜けやすいというデメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーでヘアカラーを頻繁にしてしまうという方はダメージ毛にどんどんなってしまう可能性があるので、髪の状態を考えて使用したほうが良いでしょう。

そのため、ノンシリコンシャンプーが髪に良いとは言い切れないのであくまでも、髪や頭皮のコンディションで選びましょう。

美容師であれば美容室専用シャンプーをおすすめ!!と言いますが、私自身納得いくものはそれでも限られていたりします。し、年齢とともに髪に合っているシャンプーが変わってきました。

美容室で働いているとサロン専用んシャンプーを知るためにサロン用のシャンプーを使うことが多いため市販のシャンプーを購入することは少ないですが、外出先などでシャンプーをするときに、中には髪の毛に合っているシャンプーがあってどこの製品かな?と気になるときがあります。

サロン専用シャンプーは、市販されているシャンプーより少し高価となっています。基本的にサロン専用シャンプーは、髪により良い成分を配合されているためどうしてもコストがかかってしまっているからです。

サロン専用シャンプーは、実際にプロの知識ある美容師がお客様の頭皮や髪を見て触って状態を知ってから判断して、お客様に合ったものをおすすめします。そのため、美容室でも種類が何種類か置いてあります。その種類の中からお客様にとって良いシャンプーを選びます。

ただし、サロンシャンプーで合わなかったという方も中にはいらっしゃることもあります。

それは、初めてのお客様でご自宅や過去に使っていたシャンプーとサロンのシャンプーが合わない時があるからです。そのため良い商品をお勧めしたとしても自宅で使っていたシャンプーといきなり変わることで、何回かは髪の毛が今までと反応が変わる場合があるからです。

購入してすぐ合わないな・・・と思ったら(かゆみなどが出た場合は別です)しばらく続けてみてください。反応が良ければ髪が良くなってくると思います。

市販のシャンプーでも安いものからそれなりに高価なものまで値段も幅広くあります。

健康的な髪の毛を洗浄力が強くないシャンプーで洗うとしたら、オーガニック認証されている保湿成分もバッチリな「ティモテ」や最近レベルアップしたな?と個人的な感想ですが「ラックス」がボタニカル成分配合で天然エッセンシャルオイルにもこだわって仕上がり感をしなやかにするというシャンプーとして良いと思いました。

ですので、高いから髪に良いだろうという考えで使用するのではなく、髪の毛の状態、頭皮の状態によってシャンプーを選ぶことをおすすめします。

またオーガニックシャンプー、ボタニカルシャンプーはどうなのでしょう?最近髪だけではなく、インテリアやファッションにも聞くようになりました。

ボタニカルシャンプーとは・・・

ボタニカル=植物の、という意味を表します。ですので植物由来のシャンプーということです。

その植物由来というのは、例えばヤシの実、ホホバの種といった成分を考えられます。

ヤシの実の洗浄成分で低刺激で肌に負担のない洗浄剤です。ホホバの種から摂れる天然オイルが配合されていることで保湿作用、雑菌作用、抗酸化作用などの効果をもたらせてくれる成分となります。

他にも聞いたことがあるかもしれませんが、キトサンという人工的にキューティクルを作り出す天然成分です。これは甲殻類などから摂れるもので、ダメージヘアや手触りの良さツヤなどを出してくれる効果があります。

といっても”これがボタニカルシャンプーです”というはっきりした定義はないようです。

オーガニックシャンプーとは・・・

オーガニックシャンプーも植物由来のシャンプーと言われています。ボタニカルシャンプーとの違いは、日本では「オーガニックには推奨制度とそれに伴う基準」という決まりがあります。

この基準は化学薬品や化学肥料を使わず、有機栽培をされた植物がオーガニックと認定され、その植物から作られて配合されたのがオーガニックシャンプーと言います。

目安として分かりやすいのが、「日本オーガニックコスメ協会JOCA」という協会のマークがありオーガニックコスメには、この協会のマークが付けられているようです。

シャンプーにそのマークがついていると、協会推奨のオーガニックシャンプーと言えるでしょう。

シャンプーを選ぶ中で自然、ナチュラルが良いという方でボタニカルシャンプー、オーガニックシャンプーによるメリット、デメリットがありますので、自分に合っているかどうかで判断すると良いかもしれません。

メリット・・・頭皮や髪に対して刺激が少ない。地球環境に配慮されている。デリケートな肌にも優しい。頭皮を乾燥させにくい。

デメリット・・・洗浄力が優しいので汚れが落ちにくい。ノンシリコンタイプなのできしみやすい。保存方法に気を付ける。価格が高い。

というオーガニック、ボタニカルシャンプーによるメリット、デメリットです。

洗う時に洗浄力の弱さがメリットでもありデメリットでもあります。頭皮を特に環境を整えることがシャンプーでは大切ですので、汚れが落ちないことは頭皮にとって良くありません。洗い残しの原因でフケや汚れが頭皮の炎症など、また髪の毛にも悪影響を与えてしまうのでしっかりと洗うことがとても大切です。

頭皮や髪の毛に優しいシャンプーは洗浄力は強くないので、洗う時の洗い方、洗った後の流しをよく流すことで健康的できれいな髪を作ることができます。

特に乾燥した季節や乾燥してしまった頭皮や髪の毛へのおすすめのシャンプーは、頭皮や髪に保湿を与え髪の毛にしっかりとダメージ補修できるようシャンプー後にトリートメントをしっかりしましょう。

綺麗な髪を作るのは頭皮を良い環境にすることです。そのために頭皮の状態や髪の毛の状態に合ったシャンプーを選ぶようにしていくとよいでしょう。

こちらの記事もおすすめです。

髪に潤いを与えるために必要なヘアケア方法

スポンサードリンク